読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

or1ko's diary

日々を書きます

Windows版HaskellでUTF8のファイル読み書き

Haskell Platform 7.10.2-aをインストールした際に、日本語(utf8)の扱いがわからなくなってしまって、ずっとほっといたのだが、ふと思い出して調べてみた。


紆余曲折したが、ポイントとしては下記の2点。

  • Handleにutf8を指定

ファイルの読み書きなどのデフォルトのエンコーディングがcp932になっているため、utf8のファイルを読み込む場合は、Handleのエンコーディングをutf8に変更する

  • ByteStringを扱う場合は、utf8-stringモジュールを使う

ただし、Stringで読みこんだ文字列をByteStringに変換して使う。標準でインストールされるByteStringモジュールに存在するreadFileなどの関数がないため。

サンプルとして、第一引数で指定したファイルをutf8の文字コードで読み込み、内容を標準出力するプログラムを記載する。

import System.Environment
import System.IO

main = do
          filename <- head <$> getArgs 
          withFile filename ReadMode f 
          where
            f h = hSetEncoding h utf8 >> hGetContents h >>= putStrLn

また、Powershellから標準出力をrunghcに渡す場合、下記のコマンドを実行する。

$OutputEncoding = [Text.Encoding]::Default

コマンドに渡す際のエンコーディングがasciiになっているため、cp932に変更する。

毎回ハンドルのエンコーディングを変更するのは面倒だという場合は、
GHC.IO.EncodingのsetLocaleEncoding関数で、デフォルト値を変更することができる。ただし、標準出力などのエンコーディングも変更されるので、注意する。

Haskell Platform 7.10.2-a

Haskellのライブラリのブックマークがたどれなくなっていたので、
haskell.orgを見に行ったら、Haskell Platformが新しくなっていた。
以前、2014うんちゃらというのを使っていたので、7とは何事だろうか...。

23

言語処理100本ノック 2015

23. セクション構造
記事中に含まれるセクション名とそのレベル(例えば"== セクション名 =="なら1)を表示せよ

23.hs

{-# LANGUAGE OverloadedStrings, DeriveGeneric #-}

import Data.Aeson as A
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment
import Data.Maybe
import Data.ByteString.Lazy.UTF8 as B
import GHC.Generics
import Text.Regex.Posix
import Prelude as P

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Generic)
instance FromJSON Article

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- fromString <$> I8.readFile filename
  I8.writeFile "23.txt" $ unlines $ map f $ filter isHeadline $ concatMap P.lines $ map (text . fromJust . A.decode) $ B.lines $ body 
    where
      f x = headline x ++ "," ++ depth x 
      isHeadline = ((=~ ("^={2,6}.*={2,6}" :: String)) :: String -> Bool)
      headline = filter (\x -> (x /= ' ') && (x /= '='))
      depth = show . P.length . ((=~ ("=+" :: String)) :: String -> String)

22

言語処理100本ノック 2015

22. カテゴリ名の抽出
記事のカテゴリ名を(行単位ではなく名前で)抽出せよ.

22.hs

{-# LANGUAGE OverloadedStrings, DeriveGeneric #-}

import Data.Aeson as A
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment
import Data.Maybe
import Data.ByteString.Lazy.UTF8 as B
import GHC.Generics
import Text.Regex.Posix
import Prelude as P

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Generic)
instance FromJSON Article

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- fromString <$> I8.readFile filename
  I8.writeFile "22.txt" $ unlines $ map f2 $ filter f $ concatMap P.lines $ map (text . fromJust . A.decode) $ B.lines $ body 
    where
      f = ((=~ ("^[[][[]:?(カテゴリ|Category):" :: String)) :: String -> Bool)
      f2 = tail . ((=~ (":[^]|]*" :: String)) :: String -> String)

21

言語処理100本ノック 2015

21. カテゴリ名を含む行を抽出
記事中でカテゴリ名を宣言している行を抽出せよ.

21.hs

{-# LANGUAGE OverloadedStrings, DeriveGeneric #-}

import Data.Aeson as A
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment
import Data.Maybe
import Data.ByteString.Lazy.UTF8 as B
import GHC.Generics
import Text.Regex.Posix
import Prelude as P

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Generic)
instance FromJSON Article

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- fromString <$> I8.readFile filename
  I8.writeFile "21.txt" $ unlines $ filter (\x -> x =~ ("^[[][[]:?(カテゴリ|Category)" :: String) :: Bool) $ concatMap P.lines $ map (text . fromJust . A.decode) $ B.lines $ body

ヘルプ:Wiki マークアップ早見表 - WordPress Codex 日本語版

wikipediaの記法では、日本語の「カテゴリ」を許可しているのかわからなかったが、いくつかあるみたいだったので、抽出した。

20

言語処理100本ノック 2015

Wikipedia記事のJSONファイルを読み込み,「イギリス」に関する記事本文を表示せよ.問題21-29では,ここで抽出した記事本文に対して実行せよ.

20.hs

{-# LANGUAGE OverloadedStrings, DeriveGeneric #-}

import Data.Aeson as A
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment
import Data.Maybe
import Data.ByteString.Lazy.UTF8
import GHC.Generics

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Generic)
instance FromJSON Article

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- fromString <$> I8.readFile filename
  I8.writeFile "out2.txt" $ text $ fromJust $ A.decode body

JSONの読み込み方法

言語処理100本ノック 2015

言語処理100本ノックの第3章に入るにあたり、JSON形式の読み取り方法について調べた。
標準のライブラリにはないため、別途パッケージが必要で、Googleで検索した限りでは、下記の2つの名前が上がった。

aeson: Fast JSON parsing and encoding | Hackage
json: Support for serialising Haskell to and from JSON | Hackage

この他にもHackageのJSONカテゴリにはいくつもあるが、とりあえず読み込めればよいため、この2つを試した。

要求としては、日本語(UTF8)が処理できて、宣言したdataに取り込めることの2点があるため、
下記の構造を持つJSONデータを読み込み、titleを出力するサンプルを作成することにした。

{
   "title" : "...",
   "text" : "..."
}
Aeson

まずは、Aesonでのサンプル。Aesonのバージョンは0.9.0.1。
下記のプログを参考に作成した。
Parsing JSON with Aeson - School of Haskell | FP Complete

{-# LANGUAGE OverloadedStrings, DeriveGeneric #-}

import Data.Aeson as A
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment
import Data.Maybe
import Data.ByteString.Lazy.UTF8
import GHC.Generics

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Generic)
instance FromJSON Article

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- fromString <$> I8.readFile filename
  I8.writeFile "out2.txt" $ title $ fromJust $ A.decode body
json

次に、jsonのサンプルプログラム。バージョンは0.9.1
下記のブロクを参考に作成
Haskell で XML と JSON をパースする方法 - satosystemsの日記

{-# LANGUAGE DeriveDataTypeable #-}
import Text.JSON
import Text.JSON.Generic
import Control.Applicative
import System.IO.UTF8 as I8
import System.Environment

data Article = Article {
  text :: String,
  title :: String
} deriving (Eq, Show, Data, Typeable)

main = do
  filename <- head <$> getArgs
  body <- I8.readFile filename
  I8.writeFile "out.txt" $ text $ decodeJSON body 
まとめ

若干心配していた日本語の扱いもどちらも問題なく、この程度の利用では、利便性はあまり変わらなかった。

ひとまず、Aesonを使用していこうと思う。
調べた限りでは、Aesonのほうが検索のヒットが多く、
また、jsonよりもAesonを薦めている記事があったので。