読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

or1ko's diary

日々を書きます

libusbのjavaラッパに関するメモ

Java Linux

を参考にやった。

1.共有ライブラリの作成
windows版はsourceforgeに存在するようだけれど、linux版は見当たらなかったので自分で作成。

$ svn co  https://libusbjava.svn.sourceforge.net/svnroot/libusbjava
$ cd libusbjava/trunk/LibusbJava
$ ant linux
$ ls
LibusbJava.cpp  LibusbTest.cpp  common.rc  libusb.a             project.properties  usb.h
LibusbJava.h    build.xml       error.h    libusbJava.so.0.2.3  resource.rc         version.properties

antを実行したときにいくつかエラーがでた。私の環境(Debian unstable)では、libusb-devとlibusb++-devをaptitude installしたところ、ビルドに成功した。
2.jarファイルの作成
さっきの続きから

$ cd ../java
$ ant jar
$ cd lib
$ ls
ch.ntb.usb-0.5.7.jar  ch.ntb.usb.jar

問題なくbuildに成功
3.サンプルの実行
さっきの続きから

$  ln -s ../../LibusbJava/libusbJava.so.0.2.3 libusbJava.so
$ export LD_LIBRARY_PATH=.
$ java -jar ch.ntb.usb-0.5.7.jar

とやったところたぶんUSBViewというデモプログラムが動くっぽいけれど、画面にぬりかべが現れただけで動かなかった。

$ java -cp ch.ntb.usb-0.5.7.jar ch.ntb.usb.testApp.TestApp

TestAppは動いてるのかどうかは分からなかったけれど、スクリーンショットにある画面と同じようなものが表示された。