読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

or1ko's diary

日々を書きます

タイル型WMを試してみたいけど...怖い!そんなあなたにおすすめ、Bluetile!

タイル側WMを試してみたけど...

ログインしても、なにも反応がないわ
今まで使ってたソフトの起動の仕方がわからない
あのウインドウにいけないよ!

そんな貴方におすすめなのが、Bluetile

というのりで作られたんだと思う。

試してみましたが、たしかにタイル型WMに入門しやすそうだった。Gnomeがほとんどそのまま使えるので、訳がわからなくなったら、とりあえずログアウトすれば良い。それに、タイル型配置の方法をパネルから選択できるので、ショートカットを覚えなくとも、タイル型が使える。(でも、ショートカット覚えないと、単にウインドウを並べるだけになりますけど...)

インストールの方法は以下の二通り。

  • cabalからインストールするか
  • xmonadから呼び出し使うか

xmonadからどうやったら良いのかわからなかったので、
今回は、cabalからやった。

OSはdebian(Squeeze)
たぶん(実施したコマンドを思い出してます)、
以下のコマンドでインストールできる

$ sudo aptitude install xmonad libghc6-glade-dev cabal
$ cabal install cabal-install
$ ~.cabal/bin/cabal install xmonad
$ ~.cabal/bin/cabal install bluetile

実行方法は、

$ ~.cabal/bin/bluetile

スクリーンショットは以下の画像
f:id:mono-hate:20100124005346p:image

左のパネルから、ワークスペースの変更やレイアウトの変更ができる。

ディフォルトのショートカットはWin + ほにゃほにゃで、
公式ページのトップに一覧が乗ってます。
(VPCWindowsキーを持っていってしまうせいか
実施には試せませんでした)

一覧は結構あるので、中でもxmonadでよく使うやつを6つピックアップしてみた〜
Win + Return : ターミナルの起動
Win + p : プログラムの起動
Win + j : 次のウインドウ
Win + k : 前のウインドウ
Win + Num : Num番目のワークスペースへ移動
Win + Shift + q : bluetileの終了

以上