読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

or1ko's diary

日々を書きます

CmdLetを分類2の1(名詞)

前回も思ったけど今回はさらにスパムっぽいな...。

前回のCmdLetを名詞で分類したものをさらに、見やすくしようとはてなで表で表示するにした。動詞で分類するのは、次のエントリー。

下記で生成した文字列を、貼付け。

PS C:\Users\ori> Get-Command -CommandType Cmdlet | Group-Object Noun | Sort-Object Count -Descending | % { $_.Group | %
-Begin {$s=""} { $s += "| " + $_.Name + " | " + (get-help $_).Synopsis + "|`n" } { "-" + $_.Name + "" + "`n" + $s }} > t
est.txt
  • Object
Compare-Object 2 セットのオブジェクトを比較します。
ForEach-Object 各入力オブジェクトに対して操作を実行します。
Group-Object 指定されたプロパティが同じ値を持つオブジェクトをグループ化します。
Measure-Object オブジェクトの数値プロパティ、およびテキストのファイルなどの文字列オブジェクトの文字、語、および行を計算します。
New-Object Microsoft .NET Framework または COM オブジェクトのインスタンスを作成します。
Select-Object オブジェクトまたは一連のオブジェクトの指定されたプロパティを選択します。また、オブジェクトの配列から一意のオブジェクトを選択することや、オブジェクトの配列の先頭または末尾から指定された数のオブジェクトを選択することも可能です。
Sort-Object プロパティ値に基づいてオブジェクトを並べ替えます。
Tee-Object コマンド出力をファイルまたは変数に保存し、コンソールに表示します。
Where-Object どのオブジェクトがコマンド パイプラインを使用して渡されるかを制御するフィルターを作成します。
  • Item
Clear-Item 項目の内容を削除します。項目自体は削除しません。
Copy-Item 名前空間内のある場所から別の場所に項目をコピーします。
Get-Item 指定された場所にある項目を取得します。
Invoke-Item 指定した項目に対して、既定のアクションを実行します。
Move-Item 項目をある場所から別の場所に移動します。
New-Item 新しい項目を作成します。
Remove-Item 指定した項目を削除します。
Rename-Item Windows PowerShell プロバイダーの名前空間にある項目の名前を変更します。
Set-Item 項目の値を、コマンドで指定した値に変更します。
  • ItemProperty
Clear-ItemProperty プロパティの値を削除しますがプロパティ自体は削除しません。
Copy-ItemProperty プロパティとその値を、指定された場所から別の場所へコピーします。
Get-ItemProperty 指定した項目のプロパティを取得します。
Move-ItemProperty プロパティをある場所から別の場所に移動します。
New-ItemProperty 項目の新しいプロパティを作成し、その値を設定します。たとえば、New-ItemProperty を使用して、レジストリの値とデータの作成および変更を行うことができます。レジストリの値とデータはレジストリ キーのプロパティになります。
Remove-ItemProperty 項目からプロパティとその値を削除します。
Rename-ItemProperty 項目のプロパティの名前を変更します。
Set-ItemProperty 項目のプロパティの値を作成または変更します。
  • Service
Get-Service ローカルまたはリモート コンピューター上のサービスを取得します。
New-Service 新しい Windows サービスを作成します。
Restart-Service 1 つ以上のサービスを再起動します。
Resume-Service 中断 (一時停止) 中のサービスを 1 つ以上再開します。
Set-Service サービスを開始、停止、および中断し、そのプロパティを変更します。
Start-Service 停止しているサービスを 1 つ以上開始します。
Stop-Service 実行中のサービスを 1 つ以上停止します。
Suspend-Service 実行中の 1 つ以上のサービスを中断 (一時停止) します。
  • PSSession
Enter-PSSession リモート コンピューターと対話型のセッションを開始します。
Exit-PSSession リモート コンピューターとの対話型のセッションを終了します。
Export-PSSession 別のセッションからコマンドをインポートし、Windows PowerShell モジュールに保存します。
Get-PSSession 現在のセッションの Windows PowerShell セッション (PSSession) を取得します。
Import-PSSession 別のセッションのコマンドを現在のセッションにインポートします。
New-PSSession ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターへの固定接続を作成します。
Remove-PSSession 1 つ以上の Windows PowerShell セッション (PSSession) を閉じます。
  • EventLog
Clear-EventLog ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターの指定されたイベント ログからすべてのエントリを削除します。
Get-EventLog ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上のイベント ログまたはイベント ログの一覧のイベントを取得します。
Limit-EventLog イベント ログのサイズおよびエントリの期間を制限するイベント ログ プロパティを設定します。
New-EventLog 新しいイベント ログおよび新しいイベント ソースをローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上に作成します。
Remove-EventLog イベント ログを削除またはイベント ソースの登録を解除します。
Show-EventLog イベント ビューアーでローカル コンピューターまたはリモート コンピューターのイベント ログを表示します。
Write-EventLog イベントをイベント ログに書き込みます。
  • PSSessionConfiguration
Disable-PSSessionConfiguration ローカル コンピューター上のセッション構成へのアクセスを拒否します。
Enable-PSSessionConfiguration ローカル コンピューターでセッション構成を有効にします。
Get-PSSessionConfiguration コンピューターに登録されたセッション構成を取得します。
Register-PSSessionConfiguration 新しいセッション構成を作成して登録します。
Set-PSSessionConfiguration 登録されたセッション構成のプロパティを変更します。
Unregister-PSSessionConfiguration 登録済みのセッション構成をコンピューターから削除します。
  • Job
Get-Job 現在のセッションで実行中の Windows PowerShell バックグラウンド ジョブを取得します。
Receive-Job 現在のセッションの Windows PowerShell バックグラウンド ジョブの結果を取得します。
Remove-Job Windows PowerShell バックグラウンド ジョブを削除します。
Start-Job Windows PowerShell バックグラウンド ジョブを開始します。
Stop-Job Windows PowerShell バックグラウンド ジョブを停止します。
Wait-Job セッション内で実行中のいずれかまたはすべての Windows PowerShell バックグランド ジョブが完了するまで、コマンド プロンプトが表示されないようにします。
  • Computer
Add-Computer ローカル コンピューターをドメインまたはワークグループに追加します。
Checkpoint-Computer ローカル コンピューターのシステム復元ポイントを作成します。
Remove-Computer ローカル コンピューターをワークグループまたはドメインから削除します。
Restart-Computer ローカル コンピューターおよびリモート コンピューター上でオペレーティング システムを再起動 (リブート) します。
Restore-Computer ローカル コンピューターでシステムの復元を開始します。
Stop-Computer ローカルとリモートのコンピューターを停止 (シャットダウン) します。
  • Process
Debug-Process ローカル コンピューター上で実行中の 1 つ以上のプロセスをデバッグします。
Get-Process ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上で実行されているプロセスを取得します。
Start-Process ローカル コンピューター上の 1 つ以上のプロセスを開始します。
Stop-Process 実行中のプロセスを 1 つ以上停止します。
Wait-Process プロセスが停止するまで、次の入力を受け取るのを待ちます。
  • Path
Convert-Path Windows PowerShell のパスを Windows PowerShell プロバイダーのパスに変換します。
Join-Path パスと子パスを 1 つのパスに結合します。パスの区切り記号はプロバイダーによって追加されます。
Resolve-Path パス中のワイルドカード文字を解決し、パスの内容を表示します。
Split-Path 指定されたパス部分を返します。
Test-Path パスのすべての要素が存在するかどうかを確認します。
  • PSBreakpoint
Disable-PSBreakpoint 現在のコンソールのブレークポイントを無効にします。
Enable-PSBreakpoint 現在のコンソールのブレークポイントを有効にします。
Get-PSBreakpoint 現在のセッションで設定されているプレークポイントを取得します。
Remove-PSBreakpoint 現在のコンソールからブレークポイントを削除します。
Set-PSBreakpoint 行、コマンド、または変数にブレークポイントを設定します。
  • Event
Get-Event イベント キューからイベントを取得します。
New-Event 新しいイベントを作成します。
Remove-Event イベント キューからイベントを削除します。
Unregister-Event イベント サブスクリプションをキャンセルします。
Wait-Event 特定のイベントが発生するまで待機してから、実行を継続します。
  • Alias
Export-Alias 現在定義されているエイリアスの情報をファイルにエクスポートします。
Get-Alias 現在のセッションに対して定義されているすべてのエイリアスを取得します。
Import-Alias ファイルからエイリアス一覧をインポートします。
New-Alias 新しいエイリアスを作成します。
Set-Alias 現在の Windows PowerShell セッションでコマンドレットまたはその他のコマンド要素のエイリアス (別名) を作成または変更します。
  • Variable
Clear-Variable 変数の値を削除します。
Get-Variable 現在のコンソール内の変数を取得します。
New-Variable 新しい変数を作成します。
Remove-Variable 変数とその値を削除します。
Set-Variable 変数の値を設定します。指定された名前の変数が存在しない場合は、その名前の変数を作成します。
  • Transaction
Complete-Transaction 有効なトランザクションをコミットします。
Get-Transaction 現在の (アクティブ) トランザクションを取得します。
Start-Transaction トランザクションを開始します。
Undo-Transaction 有効なトランザクションロールバックします。
Use-Transaction スクリプト ブロックを有効なトランザクションに追加します。
  • Content
Add-Content 指定した項目に内容を追加します。たとえば、ファイルに語を追加します。
Clear-Content ファイルからテキストを削除するなど、項目の内容を削除します。ただし、項目自体は削除しません。
Get-Content 指定された場所の項目の内容を取得します。
Set-Content 項目に内容を書き込むか、新しい内容で置き換えます。
  • History
Add-History エントリをセッション履歴に追加します。
Clear-History コマンド履歴からエントリを削除します。
Get-History 現在のセッション中に入力したコマンドの一覧を取得します。
Invoke-History セッション履歴からコマンドを実行します。
  • Command
Get-Command コマンドレットおよびその他の Windows PowerShell コマンド要素に関する基本情報を取得します。
Invoke-Command ローカルとリモートのコンピューターでコマンドを実行します。
Measure-Command スクリプト ブロックとコマンドレットの実行にかかる時間を計測します。
Trace-Command 指定された式またはコマンドのトレースを構成し、開始します。
  • Host
Get-Host 現在のホスト プログラムを表すオブジェクトを取得します。また、既定では、Windows PowerShell のバージョンと地域情報を表示します。
Out-Host 出力をコマンド ラインに送ります。
Read-Host コンソールから入力を 1 行読み取ります。
Write-Host カスタマイズされた出力をホストに書き込みます。
  • Module
Get-Module 現在のセッションにインポートされたモジュールまたはインポート可能なモジュールを取得します。
Import-Module 現在のセッションにモジュールを追加します。
New-Module メモリ内にのみ存在する新しい動的モジュールを作成します。
Remove-Module 現在のセッションからモジュールを削除します。
ConvertFrom-Csv コンマ区切り値 (CSV) 形式のオブジェクト プロパティを元のオブジェクトの CSV バージョンに変換します。
ConvertTo-Csv Microsoft .NET Framework オブジェクトを一連のコンマ区切りの可変長値 (CSV) 文字列に変換します。
Export-Csv Microsoft .NET Framework オブジェクトをコンマ区切り値 (CSV) の可変長文字列に変換し、その文字列を CSV ファイルに保存します。
Import-Csv コンマ区切り値 (CSV) ファイルのオブジェクト プロパティを元のオブジェクトの CSV バージョンに変換します。
  • WSManInstance
Get-WSManInstance リソース URI で指定されているリソース インスタンスの管理情報を表示します。
New-WSManInstance 管理リソースの新しいインスタンスを作成します。
Remove-WSManInstance 管理リソースのインスタンスを削除します。
Set-WSManInstance リソースに関連する管理情報を変更します。
  • Location
Get-Location 現在の作業場所に関する情報を取得します。
Pop-Location 現在の場所を、最後にスタックにプッシュした場所に変更します。既定のスタックや、Push-Location コマンドレットを使用して作成したスタックから場所をポップすることができます。
Push-Location 現在の場所を、場所のリスト (スタック) の最上部に追加します。
Set-Location 現在の作業場所を、指定された場所に設定します。
  • FormatData
Export-FormatData 現在のセッションの書式設定データを書式設定ファイルに保存します。
Get-FormatData 現在のセッションの書式設定データを取得します。
Update-FormatData 現在のセッションの書式設定データを更新します。
  • PSDrive
Get-PSDrive 現在のセッション内の Windows PowerShell ドライブを取得します。
New-PSDrive Windows PowerShell ドライブを現在のセッションに作成します。
Remove-PSDrive Windows PowerShell ドライブをその場所から削除します。
  • Counter
Export-Counter Export-Counter コマンドレットは、PerformanceCounterSampleSet オブジェクトを受け入れ、そのオブジェクトをカウンター ログ ファイルとしてエクスポートします。
Get-Counter ローカル コンピューターおよびリモート コンピューターからパフォーマンス カウンター データを取得します。
Import-Counter パフォーマンス カウンター ログ ファイル (.blg、.csv、.tsv) をインポートし、ログの各カウンター サンプルを表すオブジェクトを作成します。
  • WSManCredSSP
Disable-WSManCredSSP クライアント コンピューター上の CredSSP (Credential Security Service Provider) 認証を無効にします。
Enable-WSManCredSSP クライアント コンピューター上の CredSSP (Credential Security Service Provider) 認証を有効にします。
Get-WSManCredSSP クライアントの Credential Security Service Provider 関連の構成を取得します。
  • WSMan
Connect-WSMan リモート コンピューターの WinRM サービスに接続します。
Disconnect-WSMan クライアントをリモート コンピューター上の WinRM サービスから切断します。
Test-WSMan ローカルまたはリモート コンピューター上の WinRM サービスが実行中かどうかをテストします。
  • PSSnapin
Add-PSSnapin 1 つまたは複数の Windows PowerShell スナップインを現在のセッションに追加します。
Get-PSSnapin コンピューター上の Windows PowerShell スナップインを取得します。
Remove-PSSnapin Windows PowerShell スナップインを現在のセッションから削除します。
  • Transcript
Start-Transcript Windows PowerShell セッションの全体または一部を記録したテキスト ファイルを作成します。
Stop-Transcript トランスクリプトを停止します。
  • TraceSource
Get-TraceSource トレース用にインストルメント化されている Windows PowerShell コンポーネントを取得します。
Set-TraceSource Windows PowerShell コンポーネントのトレースを構成、開始、および停止します。
  • String
Out-String オブジェクトを一連の文字列としてホストに送ります。
Select-String 文字列とファイルのテキストを検索します。
  • ExecutionPolicy
Get-ExecutionPolicy 現在のセッションの実行ポリシーを取得します。
Set-ExecutionPolicy Windows PowerShell 実行ポリシーに対するユーザー設定を変更します。
  • SecureString
ConvertFrom-SecureString セキュリティで保護された文字列を暗号化された標準文字列に変換します。
ConvertTo-SecureString 暗号化された標準文字列をセキュリティ保護された文字列に変換します。プレーン テキストをセキュリティで保護された文字列に変換することもできます。ConvertFrom-SecureString および Read-Host と組み合わせて使用します。
  • Date
Get-Date 現在の日付と時刻を取得します。
Set-Date コンピューターのシステム時間を指定された時刻に変更します。
  • Member
Add-Member Windows PowerShell オブジェクトのインスタンスに、ユーザーが定義したカスタム メンバーを追加します。
Get-Member オブジェクトのプロパティとメソッドを取得します。
  • AuthenticodeSignature
Get-AuthenticodeSignature ファイルの Authenticode 署名に関する情報を取得します。
Set-AuthenticodeSignature Authenticode 署名を Windows PowerShell スクリプトまたはその他のファイルに追加します。
  • ComputerRestore
Disable-ComputerRestore 指定したファイル システム ドライブのシステム復元機能を無効にします。
Enable-ComputerRestore 指定したファイル システム ドライブのシステム復元機能を有効にします。
  • Clixml
Export-Clixml 1 つ以上のオブジェクトの表記を XML ベースで作成し、ファイルに保存します。
Import-Clixml CLIXML ファイルをインポートし、対応するオブジェクトを Windows PowerShell 内に作成します。
  • ModuleManifest
New-ModuleManifest 新しいモジュール マニフェストを作成します。
Test-ModuleManifest モジュール マニフェスト ファイルにモジュールの内容が正確に記述されていることを確認します。
ConvertTo-Xml オブジェクトの表記を XML ベースで作成します。
Select-Xml XML 文字列またはドキュメントのテキストを検索します。
  • List
Format-List 出力は、各プロパティを個別の行に表示するプロパティの一覧に書式設定されます。
Update-List オブジェクトのコレクションが含まれているプロパティ値に対して項目の追加と削除を行います。
  • WmiObject
Get-WmiObject Windows Management Instrumentation (WMI) クラスのインスタンスまたは使用可能なクラスに関する情報を取得します。
Remove-WmiObject 既存の Windows Management Instrumentation (WMI) クラスのインスタンスを削除します。
Get-Acl ファイルやレジストリ キーなどのリソースのセキュリティ記述子を取得します。
Set-Acl 指定されたリソース (ファイルやレジストリ キー) のセキュリティ記述子を変更します。
  • Null
Out-Null 出力をコンソールに送るのではなく、削除します。
  • Printer
Out-Printer プリンターに出力を送ります。
  • GridView
Out-GridView 別のウィンドウの対話型の表に出力を送信します。
  • WSManSessionOption
New-WSManSessionOption 次の WS-Management コマンドレットの入力パラメーターとして使用する WS-Management セッション オプションのハッシュ テーブルを作成します。

Get-WSManInstance
Set-WSManInstance
Invoke-WSManAction
Connect-WSMan|

  • ObjectEvent
Register-ObjectEvent Microsoft .NET Framework オブジェクトによって生成されたイベントをサブスクライブします。
  • WebServiceProxy
New-WebServiceProxy Windows PowerShell で Web サービスの使用と管理を行うことができる Web サービス プロキシ オブジェクトを作成します。
  • File
Out-File ファイルに出力を送ります。
  • Default
Out-Default 既定の書式設定機能および既定の出力コマンドレットに出力を送ります。
  • EngineEvent
Register-EngineEvent Windows PowerShell エンジンおよび New-Event コマンドレットによって生成されたイベントにサブスクライブします。
  • WmiEvent
Register-WmiEvent Windows Management Instrumentation (WMI) イベントにサブスクライブします。
  • Debug
Write-Debug デバッグ メッセージをコンソールに書き込みます。
  • Error
Write-Error オブジェクトをエラー ストリームに書き込みます。
  • Connection
Test-Connection ICMP エコー要求パケット (ping) を 1 台以上のコンピューターに送信します。
  • TypeData
Update-TypeData *.types.ps1xml ファイルをメモリに読み込み直すことにより、現在の拡張型構成を更新します。
  • Verbose
Write-Verbose テキストを詳細メッセージ ストリームに書き込みます。
  • Warning
Write-Warning 警告メッセージを書き込みます。
  • Output
Write-Output 指定されたオブジェクトをパイプライン内の次のコマンドに渡します。コマンドがパイプラインの最後のコマンドであれば、オブジェクトはコンソールに表示されます。
  • Progress
Write-Progress Windows PowerShell コマンド ウィンドウ内に進行状況を表すバーを表示します。
  • PSDebug
Set-PSDebug スクリプトのデバッグ機能の切り替え、トレース レベルの設定、および strict モードの切り替えを行います。
  • StrictMode
Set-StrictMode 式、スクリプト、およびスクリプト ブロックのコーディング規則を設定して適用します。
  • ComputerMachinePassword
Reset-ComputerMachinePassword コンピューターのアカウントのパスワードをリセットします。
  • MailMessage
Send-MailMessage 電子メール メッセージを送信します。
  • Sleep
Start-Sleep スクリプトまたはセッションのアクティビティを指定された時間だけ中断します。
  • ComputerSecureChannel
Test-ComputerSecureChannel ローカル コンピューターとそのドメインの間のセキュリティで保護されたチャネルをテストして修復します。
  • WmiInstance
Set-WmiInstance 既存の Windows Management Instrumentation (WMI) クラスのインスタンスを作成または更新します。
  • WSManQuickConfig
Set-WSManQuickConfig ローカル コンピューターにリモート管理を構成します。
  • TimeSpan
New-TimeSpan TimeSpan オブジェクトを作成します。
  • ChildItem
Get-ChildItem 1 つ以上の指定された場所から項目および子項目を取得します。
  • Wide
Format-Wide オブジェクトを、各オブジェクトのプロパティを 1 つだけ表示する幅広い表として書式設定します。
  • Table
Format-Table 出力を表として書式設定します。
  • ComputerRestorePoint
Get-ComputerRestorePoint ローカル コンピューターで復元ポイントを取得します。
  • EventSubscriber
Get-EventSubscriber 現在のセッションのイベント サブスクライバーを取得します。
  • Culture
Get-Culture オペレーティング システムに現在設定されているカルチャを取得します。
  • Credential
Get-Credential ユーザー名とパスワードに基づいて資格情報オブジェクトを取得します。
  • Html
ConvertTo-Html Microsoft .NET Framework オブジェクトを Web ブラウザーで表示できる HTML に変換します。
  • StringData
ConvertFrom-StringData 1 つまたは複数のキーと値のペアを含む文字列をハッシュ テーブルに変換します。
  • Type
Add-Type Microsoft .NET Framework 型 (クラス) を Windows PowerShell セッションに追加します。
  • PSRemoting
Enable-PSRemoting リモート コマンドを受信できるようにコンピューターを構成します。
  • Custom
Format-Custom カスタマイズされたビューを使用して出力を書式設定します。
  • ModuleMember
Export-ModuleMember エクスポートするモジュール メンバーを指定します。
  • Console
Export-Console 現在のセッションのスナップインの名前をコンソール ファイルにエクスポートします。
  • LocalizedData
Import-LocalizedData オペレーティング システムに選択された UI カルチャに基づいて、言語固有のデータをスクリプトおよび関数にインポートします。
  • WinEvent
Get-WinEvent ローカル コンピューターおよびリモート コンピューター上のイベント ログおよびイベント トレース ログ ファイルからイベントを取得します。
  • Unique
Get-Unique 並べ替えられた一覧から一意の項目を返します。
  • Expression
Invoke-Expression ローカル コンピューター上でコマンドまたは式を実行します。
  • PSSessionOption
New-PSSessionOption PSSession の詳細オプションが格納されているオブジェクトを作成します。
  • WSManAction
Invoke-WSManAction リソース URI およびセレクターで指定されたオブジェクトに対して処理を実行します。
  • WmiMethod
Invoke-WmiMethod Windows Management Instrumentation (WMI) メソッドを呼び出します。
  • PfxCertificate
Get-PfxCertificate コンピューターの .pfx 証明書ファイルに関する情報を取得します。
  • HotFix
Get-HotFix ローカル コンピューターおよびリモート コンピューターに適用された修正プログラムを取得します。
  • Help
Get-Help Windows PowerShell のコマンドと概念に関する情報を表示します。
  • PSCallStack
Get-PSCallStack 現在のコール スタックを表示します。
  • UICulture
Get-UICulture オペレーティング システムの現在のユーザー インターフェイス (UI) カルチャ設定を取得します。
  • Random
Get-Random ランダムな数値を取得するか、オブジェクトをコレクションからランダムに選択します。
  • PSProvider
Get-PSProvider 指定した Windows PowerShell プロバイダーに関する情報を取得します。